太ももやおしりの脂肪の取り方

 

1.塩の量は肌に合わせて調節する

皮膚の弱い人や敏感肌の人は、塩が多すぎると刺激になる場合もありま九塩の量は肌の様子を見ながら調節しましょう。
いちばん外側の部分である角質を適度にはぐ作用です。この角質剥離作用によって美白などの効果が現れますが、強くこすりすぎると肌に負担がかかり、必要な角質まで落として炎症や肌荒れを招くことにもなります。

3.目の周囲や粘膜、

皮膚に傷がある箇所は避ける目の周囲や粘膜といった皮膚が特に薄い部分には使用できません。また、傷がある部位に塩ミルクを使うとしみて悪化しますので、傷が完全に治ってから使いましょう。

4.牛乳アレルギーのある人は避ける

乳製品にアレルギーがある人は、塩ミルクの使用を避けましょう。5.肌に発疹や赤みが現れたらすぐに中止する塩もスキムミルクも安全性の高い素材です。出るようでしたら、すぐに使用を中止してくださいね。

 

 

 

「塩ミルク」マッサージの具体的な効果について、詳しく見ていくことにしましょう。太ももやおしりの脂肪が、デコボコと波打っている様子を目にしたことはありませんか。これが、セルライトです。皮膚の表面がまるでオレンジの皮のようになってしまうため、別名「オレンジ・ピール」とも呼ばれます。実は、成人女性の8割は、体のどこかにセルライトがあるといわれます。特に多いのは、おしりや太ももなどの下半身。やせていても、また10代や20代でも、年齢や体形にかかわらず見られるというから、油断は禁物です。セルライトを作る原因は、リンパ液や血液循環の悪化。リンパや血液の流れが悪くなると、老廃物や余分な水分がスムーズに排出されず、毛細血管のなかで停滞するようになります。