くすみが解消して肌のトーンが明るくなる

塩のいちばんの美肌効果が不要な角質を取る「ピーリング」作用。そのため、塩ミルクでは続けるうちに顔が自くなつた!くすみが解消した!との声が続出していま九こちらの方法は、ゆるやかな圧をかけながら塩ミルクを顔に塗つていくため、顔の筋肉にも働きかけます。前ベージの洗顔法とこのビーリング、1日に行うのはどちらか片方で結構です。

 

メイクはあらかじめ落としておきます。塩ミルク大さじ1を手に取り、水を少量(小さじ1〜2程度)加えてクリーム状に混ぜます(塩ミルクと水の量は適宜調整してください)。

 

親指を除く4本才旨を使い、下から上にゆるやかな圧を加えながら、顔全体に塩ミルクを塗布していきます。
あご、ほお、額、それぞれ顔の中心からタトlllに向かって、中指と薬指で水平にすべらせるように塩ミルクをのばしていきます。
1〜 2を2回くり返したあと、しっかりと塩ミルクを洗い流しまt

 

 

 

見落とされがちな頭度の汚れもスッキリ!

頭皮は顔の皮膚とつながつていますから、もちろん塩ミルクを使つていただいてかまいません。頭皮の毛穴には、皮脂や汚れが多く詰まっています。塩ミルクでマッサージすれば、これらの汚れもスッキリ!抜け毛やフケの防止にもつながります。マッサージ後にシャンプーをするか、シャンプーに塩ミルクを混ぜてマッサージしてもかまいません。

 

塩ミルク大さじ1を手に取り、水を少量加えてクリーム状に混ぜます。